Case1非小細胞肺がんにおける新薬の処方ポテンシャルを把握したい

EGFR遺伝子変異陽性患者を持つドクターに対して、新薬の製品プロファイルを呈示し、現治療薬との処方意向の違いを推測したい

呼呼吸器系のドクターを対象にしたコンジョイント分析を実施

新薬と現治療薬の製品プロファイルをコンジョイントカードに組み込み、属性別の効用値を算出することで、現治療薬と新薬の処方意向の違いについて把握することができます。

POINT

  • 従来の調査では把握が困難だった、薬剤における有効性と安全性のトレードオフ関係を明らかにすることができる
  • 新薬の受容性を病院の経営形態別に把握することも可能

Case2生物学的製剤の後続品である「バイオシミラー」の採用状況についてリサーチしたい

製薬メーカーにとって、今後の製品戦略のキーとなる「バイオシミラー」について、薬剤師の意見を収集し、将来性予測をしたい

豊富な薬剤師の意見を収集し、製品の将来性を予測

院内薬剤師や病院・クリニック隣接の薬剤師など、30,000人の薬剤師パネルを活用し、さまざまな条件から目的に合った薬剤師へのリサーチを行い情報収集することができます。

POINT

  • 病院の薬剤採用において意思決定に関わる薬剤師や、後発品/後続品の調査ニーズに適合する、職位の高い薬剤師も数多く保有

Case3新製品におけるプロモーション資材のメッセージテストをしたい

製品メッセージを適切に伝えるためのディテールポイントを明確化したい

プロモーション資材のテストをインタビュー調査にて実施

医師への製品メッセージ・プロモーション資材テストをインタビュー調査で実施し、新製品への期待や懸念点を把握。製品価値を最大化するキーメッセージやプロモーション資材の作成に役立つ示唆を得ることが可能です。

POINT

  • メディカル領域の経験豊富なモデレータ・リサーチャーがサポート
  • オンコロジー領域やCNS領域はもちろん、希少疾患領域でも多数の実績

詳しい資料をお送りいたします。

資料請求・お問い合わせ